お知らせ

手をつなぎ創る未来のまちづくり

手をつなぎ創る未来のまちづくり

新しい時代に向かって、
ふるさと焼津をどのように描いていくのか、市民との真の連携により、
ここ数年の焼津を覆う閉塞感を払拭し、「活気ある街」「安心な街」焼津を創造していきます。
(7月11日左口ミニデイサービス20周年お祝いの会にて)

中野ひろみちはやります!

中野ひろみちはやります!

(写真.消防フェスタにて)

現場主義を徹底します!

○「にぎわい」まちづくり
・基幹産業、漁業・水産業の振興をはかります。
・地域性を生かした、きめ細かな農業政策を推進します。(生かします、大地からのメッセージ)
・市内商工業の振興、中心市街地の活性化をはかります。
・映画やTVのロケを積極的に誘致します。(焼津の徹底PR)
・焼津ICと大井川スマートICを活用した広域観光プランをつくります。
・国道150号の早期開通を目指します。



○「命を守る」安心・安全なまちづくり
・津波避難タワーの整備はもちろんのこと、水門・堤防を整備して津波を防ぎます。
・広域医療を推進し、患者のための、愛される市立病院を目指します。
・FM局を設置し、情報の共有化をはかります。



○「市民目線」での行政改革
・費用対効果を検証し、事業の見直しをはかります。
・市民サービスの向上を目指すため、縦割り行政を是正し組織を改編します。今日もニッコリ、笑顔の市役所を目指します。



○「人にやさしい」子育て、福祉の充実
・思いやりの子育て 「乳幼児医療費を無料化します」
・待機児童の解消・学童保育の充実に努めます。
・高齢者が社会貢献でき、生きがいを持てるまちづくり。
・少子化の中、子供たちと地域の方々とのふれあいを拡大します。
・不妊治療への公的補助を拡大します。

携帯サイトはこちら

中野ひろみち 事務所

http://hi-nakano.jp/

焼津出身の中野ひろみちです。
日々のなかのひろみっちゃん、みんなのなかのひろみっちゃんをお伝えしています。

ご訪問ありがとうございます。いつもお世話になっています。現場主義で各地域、各産業、各団からご意見を賜る中、課題解決に邁進していきますので、ご指導宜しくお願い申し上げます。

みんながもっと好きになる焼津を創る

☆ 焼津の将来を考える
☆ 経済や産業を栄えさせる
☆ 子育てや教育を思いやる
☆ スポーツや文化を大切にする
☆ 地震や津波に備える
☆ 病院や福祉に力を入れる
☆ 焼津らしい観光を育てる
☆ 行政や財政を変える

中野ひろみちは「責任ある改革」をします

中野ひろみちは「責任ある改革」をします

☆ 焼津の将来像一新
 ・合併後の施策を検証し新たな焼津市の将来像を構築
 ・総合計画の基本的見直し
  (行政組織を改編します)
 ・食の港まち「やいづ」
  (魚を使ったグルメ街道を創設します)
 ・市民の寄付金等を原資とした防災基金の創設
  (寄付金税控除の条例を整備します)
 ・交通の要所やいづ再構築・・・新交通計画の推進
 ・市街化調整区域の見直し、地区計画での市内活性化
 ・産業別振興策の再構築
 ・新エネルギーの促進
 
☆ 危機管理の徹底と地震津波対策の再構築
 ・危機管理部の新設
  (津波非難タワーの整備はもちろんのこと、水門・堤防を整備して津波を防ぎます。)
 ・民間の避難所設置への積極的支援
 ・自主防への積極的支援
 ・危機管理情報発信事業の推進
 ・浜岡原発の安全対策強化
 ・静浜基地との連携強化
 ・インフルエンザ等の予防対策徹底
 ・消防団活動の支援拡大
 ・FM局を設置し情報を共有化
  
☆ 経済・基幹産業の活性化
 ・水産部の新設・日本一の水産都市の実現
  (漁船の誘致など水揚確保策を推進します)
 ・焼津ブランドをトップセールスにより全国に発信
 ・地域性を活かしたきめ細やかな農業政策への取り組み
  農業基盤の整備により、多様な担い手を育成し、力強く魅力ある農業を実現します。
  食の安心と安全のため、生産、流通、消費の機能性を高め豊かな食生活を守ります。
  農地の高度利用をはかり、農業と地域が一体となった地域環境づくりを進めます。
 ・10年後を見据えた焼津の経済成長戦略の構築
  商工会議所・商工会・各組合・各団体との連携により、焼津経済成長戦略会議(仮称)を創設します。
  各団体・各業界と連携しながら10年先を見据えた総合経済対策を構築します。
 ・焼津経済特区(仮称)の検討
  駅を利用した再開発で中心市街地を活性化します。
  商店街の空き店舗対策を進め、活き活きとした中心市街地を創ります。
 ・地元中小企業の育成・支援
  制度融資の充実を図ります。
  地域資源を活用した新たな事業展開、販路拡大を積極的に支援します。
 ・積極的な企業誘致による雇用創出
  防災対策を進めつつ、焼津IC・大井川スマートIC・大井川港を核とした利便性や、地理的有利性を活かして積極的に企業誘致を推進します。
 ・映画やTVのロケを積極的に誘致
 ・国道150号の早期開通を目指す。
 
☆ 地域資源活用で観光事業促進
 ・市内の観光資源の見直し
  焼津ICと大井川スマートICを活用した総合的な観光プランを策定します。
  温泉事業、焼津神社大祭、藤守の田遊びなどを活用した「観光やいづ」を発信します。
  焼津漁港や高草山、花沢の里など魅力ある地域の掘り起こしと整備を進めます。
 ・さかなセンターの再構築
  老朽化の進むさかなセンターについて、観光の中心施設としてリニューアルの検討を進めます。
 ・広域観光の推進と観光部門の強化
  新東名高速道路や富士山静岡空港からの誘客を図り、静岡中部の周遊拠点としての整備を進め、観光都市としての体制を強化します。
 
☆ 医療・福祉の充実
 ・広域医療を考えた焼津市立総合病院の改築
 ・予防医療の推進
 ・健康寿命の増進
 ・病・病と病・診の連携策を推進
 ・医師・看護婦の確保
 ・社会福祉事業の充実
 
☆ 子育て・教育環境の整備
 ・保育園の待機児童の早期解消・学童保育の充実
 ・小中学校空調整備など教育環境の改善を図る
 ・乳幼児医療費の無料化
 ・不妊治療への公的補助を拡大
 
☆ スポーツ・文化活動振興
 ・スポーツ行政組織の見直し
 ・スポーツ環境の整備充実
 ・指定文化財の保護促進
 
☆ 行財政改革の推進
 ・焼津市の借金(市債)を増やさない
  民間活力利用等で費用対効果を検証します。
 ・民間活力を利用した事業展開の推進
 ・費用対効果を検証し事業を見直す
 ・行財政改革を目的とする活発な職員提案活動の推進
 ・志太・榛原地区広域行政の連携

陽春の集い

陽春の集い

3月16日 焼津市文化センターにて、後援会主催の恒例「陽春のつどい」が開催されました。
多くのご支援の後援会会員の皆様で会場あふれんばかり、初心の「現場主義」「市民目線」を忘れることなく市政運営に精進してまいりたいと思います。

茨城県より視察団

茨城県より視察団